FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

ヴィンテージファームブログ ~ぶどう畑の四季~

ワイン特区・山梨県北杜市のヴィンテージファーム生産者ブログです。日々移り変わる畑の様子、農場長の熱い想いなどをお伝えします。

プロフィール

ヴィンテージファーム

Author:ヴィンテージファーム
山梨県北杜市でワイン用ぶどうを栽培しています。
日照時間日本一・ワイン特区北杜市で生産されるワインのオーナー様募集中です!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog -->
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.02
06
Category : ファームレポ
2月4日の立春から暦の上では春に入り、
暦どおりに多少、日中の寒さが和らぎました。
しかし、まだ夕方から朝にかけて低温注意報が出る厳しい寒さが続いています。



2月6日(月)     曇りのち雨/


畑の管理作業は、先週末から2号園のオリジナル品種富士の雫の剪定に入りました。

剪定02-02-1

剪定2-2-2
畑も場所によってはまだ雪が解けずに残っている所もあり、
朝夕の気温が低い時間帯は少々辛い思いをしながらの作業です。



この時期、昆虫好きの私にとって剪定作業をしながらの楽しみがあります。

モズの早贄を見つけることです。
 
昨年は早贄になったカエルを見つけましたが、
早贄-1今年はこのバッタです。

早贄-2

小指くらいの大きさの立派なバッタがブドウの枝に刺さっていました。


モズという鳥には捕獲した獲物を木の枝や先の尖たものに串刺しにする習性があります。
これを「モズの早贄」と言います。

私は以前、別の所で冬の剪定作業の時に、ブドウの巻きひげの先に刺さった早贄をよく見かけました。
早贄になる小動物はトカゲ等の爬虫類、カエル等の両生類、バッタ・コウロギ等の昆虫類、その他にミミズやムカデ等で実際に見たことがあります。

モズのこの習性については未だよく分かっていないようですが、
獲物を枝に刺して固定して食べる、
食べている時に天敵が来て逃げて食べ残した、
冬場の餌として残している、
自分の縄張りを示している、
等の説があります。
しかし、早贄を後に、摂食することは、殆んどないということです。


今回のブログ、虫嫌いの方々には申し訳ございませんでした。

Comment

非公開コメント

No title

モズのはやにえはモズにとってトロフィーのようなもの、ハンターのリビングに飾ってある鹿の頭の剥製のようなもので、ああやって獲物を披露してるのかもしれませんね(笑)

No title

寒中見舞い申し上げます

立派なバッタさんですね。
”縄張り”しか知りませんでした。

諸説あるのですね 多謝。

Re: モズさま

モズさん、書き込み有難うございます。

早贄は池や河川の近くではカエル等の水生小動物が、
近くに水辺が無い所では陸生の小動物が獲物となるようですね。

またの書き込み、お願い致します。

Re: グチコの民さま

いつも、コメント有難うございます。

これだけ立派なバッタの早贄を見たのは初めてです。
今までに見た中で、感動した早贄は今回のバッタと
昨年のカエル、随分昔出会ったムカデですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。