FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

ヴィンテージファームブログ ~ぶどう畑の四季~

ワイン特区・山梨県北杜市のヴィンテージファーム生産者ブログです。日々移り変わる畑の様子、農場長の熱い想いなどをお伝えします。

プロフィール

ヴィンテージファーム

Author:ヴィンテージファーム
山梨県北杜市でワイン用ぶどうを栽培しています。
日照時間日本一・ワイン特区北杜市で生産されるワインのオーナー様募集中です!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog -->
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.01
25
Category : ファームレポ
 雪が降った直後は気温が低く、畑の中にあるベンチの上に積もった雪が昼間融け、
夕方からの低温で、氷柱になっていました。

ベンチ氷柱
 1月19日


 この雪もようやく融けてきて、所々で地肌が見えるようになりました。

雪解け
1月25日





 冬の季節、周りの杜の広葉樹林では落葉した冬景色が見られます。
よく見ると、雑木林の中に鮮やかな黄緑色の目立つものがぶら下がっています。

ヤママユ1

これはヤママユガ科のガ(蛾)の繭で、ウスタビガというガの繭であると思います。
漢字では「薄手火蛾」「薄足袋蛾」と書くようです。

このガは秋に羽化するので、この繭の中は空(から)で現在は空繭です。

ヤママユ2 ヤママユ3
左:♀の空繭  右:♂の空繭

 抜け殻になった空繭を見て、その繭から羽化した成虫の雌雄が分かります。
ウスタビガは11月に羽化し、繭の中からから出てきます。

それが雌の場合、羽化するとすぐに雄が飛来しそこで交尾をします。
雌は自身が出てきた繭に卵を産み付けてから、飛び立ちます。

この様な理由から、左の写真は雌が生まれた空繭で、右が雄のものであるのが分かります。
この卵の状態で越冬します。






1月25日(金)      晴れ


 雪が解けてきたとは言え、畑はまだ雪に覆われています。

me1-20


先日までの晴天から今日は、南アルプスや八ヶ岳の山々に雪雲が掛かっていました。

na1-23 na1-23-2
1月23日

na1-25
1月25日


この雪雲から、雪がブドウ畑に風花となって時折舞う寒い一日でした。


 畑では剪定作業を引き続き行っています。
富士の雫の剪定が終わり、メルローに入りました。
 

剪定1-23 stme1-23

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。