FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

ヴィンテージファームブログ ~ぶどう畑の四季~

ワイン特区・山梨県北杜市のヴィンテージファーム生産者ブログです。日々移り変わる畑の様子、農場長の熱い想いなどをお伝えします。

プロフィール

ヴィンテージファーム

Author:ヴィンテージファーム
山梨県北杜市でワイン用ぶどうを栽培しています。
日照時間日本一・ワイン特区北杜市で生産されるワインのオーナー様募集中です!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog -->
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12
14
Category : ファームレポ
朝から雨がっ降っていましたが、ファームに来るころには雨も上がり
スッキリとさわやかな1日の始まりです。



12月14日(火)      曇りのち晴れ


雨があがって良かった!!


ぶどうの樹はもうほとんど葉っぱは落ちています


IMG_8894.jpg


なんかガランとしたファーム。
ちょっと寂しいです。


「剪定っていつ頃からやるんですか?」


「1月入ってからやろうと思っています」


「葉っぱが全部落ちるまで待つんですか?」


「そうゆう訳ではありません。」


どうゆう事なのかというと・・・・



今日はぶどうの休眠について教えてもらいました。


ぶどうの樹は葉が落ちてくると休眠に入ります。

休眠とは木の生長が1時的に止まることを言います。


休眠には①自発的休眠②他発的休眠があります。


①自発的休眠・・・植物ホルモンが作用して休眠に入る
             [いくら暖かいところに持っていっても芽は出ません]


②他発的休眠・・・①とは違い自分から休眠しているわけではなく気温、気候等の外的要因が影響します。
             [温かい所、水や気温などの条件がそろうと芽が出てしまう]


だいたい12月に入ると完全に自発的休眠に入り、2月中旬には多発的休眠に入ります。 

剪定は自発的休眠に入った12月頃から開始するそうです。 



今回ヴィンテージファームでは1月頃から剪定作業を開始します。




トッシーの話を聞きながら畑を歩いているとブドウの枝に妙なものがついて飲るのを発見。

12・14発見 ←発見

何やら透明で綺麗なゼリー状のものが出ています。

12・14樹液 ←透明な物体


「きゃー!!何これ。きれい!!」


「あっっ」


「樹液ですよね?」


「樹液ですが・・・それはそこに傷がついたか虫がいますね。」


「えー!!じゃあこの枝切るんですか」


「剪定の時に虫のついてる枝はすべて落とします。」

「この中に虫がいるの?今切ることはできないんですか?」

「じゃあ、どうなっているか見てみましょうか。」



切ってみると・・・・
 12・14枝



中が真っ黒。 12・14枝②


「こうなると来年ここから先が生長しないので剪定時に切らなければなりません」


その後もいくつか発見してしまいました。


「剪定の時はこれを見逃さないようにして下さいね」


「はーい」

その後もファームを歩いていると、違うものを発見!!

12・14干し葡萄

「干しブドウがあるよ!!」


12・14ブドウ

どうやら、収穫後の副梢から新たにできたブドウがそのまま乾燥したようです。


「これって、食べれます?」


「・・・・・」


「腐ってなければ問題ないですよね?」



「・・・・・」


「何とか言って下さいよ(--)」


「食べてみればいいじゃないですか。」


「じゃあ食べる。」


・・・・・・パクリ・・・・・・

「どうですか?」


「ん~・・・種しかない。酸っぱいし青臭い。正直おいしくない。」


「でしょうね。干しブドウはこんな風に作りませんし、種はないですからね。」


まあ、そりゃあそうだろうけど・・・・
ちょっと期待を裏切られた感じ・・・


冬の間はトッシーから色んな事を聞き出す予定です!!
ぶどう栽培の事ワインの事、いろいろ教えてもらおうと思っています。



来週は月曜日のファームになります。
よろしくお願いしまーす。







Comment

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

お憑かれさま。
御期待は、自由ですが・・・┐(´ー`)┌
変わらずの奔放ぶり!

勉強になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。